キャリアパスに必要な仮想ネットワーク知識

インフラエンジニアの方は、今まで様々なプロジェクトに参加し仕事をこなしてきたと思います。「今までの経験を生かして、キャッリアパスを成功させたい」と考えている方もいるでしょう。「もっと、仕事の幅を広げ、新たな仕事にチャレンジしていきたい」と考えている方もいるでしょう。しかし、いざキャリアパスと言われても、「何をすればキャリアパスを充実させることが出来るのだろう?」と戸惑う方も多いでしょう。

では、インフラエンジニアのキャリアパスを行う際に身に付けておきたい、仮想ネットワークの知識についてご紹介しましょう。インフラエンジニアは、IT専門職の中でも幅広い知識が必要な業種ともなっています。知識の幅が広ければ広いほど、出来ることも広がることになります。しかし、より幅広い仕事をしたい、専門性ある仕事に携わりたいと考えているのであれば、仮想ネットワークの知識を高めていくことが必要です。

仮想ネットワークについて、改めてどの位理解しているのか、そしてもっと深い面まで学んでいくと良いでしょう。仮想ネットワークの知識が深まれば、新たな仕事へもチャレンジしやすくなるはず。また、MapReduceやHadoopといったデータ処理などの知識なども深めることが出来れば、よりキャリアパスを行いやすくなるでしょう。IT専門職は、知識が多ければ多いほど仕事の幅も広げることが出来ますから、こういった新たな知識なども身に付けていくと良いですよ。

インフラエンジニアとして、「もっと、活躍の場を広くしたい」「新たな仕事にもチャレンジしてみたい」と考えている方は、仮想ネットワークの知識を高めていきましょう。そして、プラスの知識としてデータ処理の知識も身に付けることが出来れば、転職などの際にもかなりの強みとなるはずですよ。併せてキャリアパスを広げるための参考記事を読むことで、自分をより高めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です